読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IELTS受けてきた

米国大学院受験

某大学院が言うことにゃ、

We will not reject a TOEFL score, but we strongly prefer IELTS.

それってつまりIELTS受けろよクソ学生ってことですよね、ハハーッ
ということでIELTS受けてきました。

そもそもIELTSって申し込みの時点から郵送オンリーって前時代的過ぎ。運営母体の英検協会の方針なのか知らないけど。受験票システム懐かしいわ。

個人的にIELTSは2年の夏に大学の対策講座を一日目の午前中だけで出てフケた程度のつながりしかなく、受験はお初。だって面倒くさそうなんだもの。

そんで予想通り全体的にめんどくさいシステムで、とりあえず試験会場に朝7:50集合ってどう考えても早すぎる*1。試験はシャーペン禁止なのに手書きだし、スピーキングは翌日になっちゃったし、TOEFLの個人プレイに慣れてしまうと教室で集団受検するスタイルにすら面倒臭さを感じずにいられましぇん。

集合時間から試験開始までの約1時間、鉛筆と消しゴムとパスポートしか持っていない環境で放置されるとデジタルネイティブは死にます。いえ、寝ます。試験時間中と合わせて2時間は寝ました。

IELTS初受験&対策もろくにしていなかったので攻略法とかよくわからないのですが、とりあえずリスニングのセクションで放送が始まる前からあちこちから問題に書き込む音が聞こえてきてびっくりしました。人名とかに印をつけてるんでしょうか?隣の受験生もなにやら熱心に鉛筆を走らせていました。

問題はどれもTOEFLとかGREより短く感じた。難易度も優しめな気がするけど、やっぱりワープロに慣れてしまうと手書き論述は結構きつかった。再構成しにくいし。

スコアは8以上が目標ですが、どう出るかな。発表は29日らしいです。


そういえばこの前受けたGREの結果が出た。
Verbal Reasoning160(Percentile Rank:84%)/Quantitative Reasoning 159(75%)/Analytical Writing4.0(54%)でした。うーん、微妙。

追記
IELTSスコア、Listening 9.0, Reading 9.0, Writing 7.5, Speaking 7.5で総合8.5でした〜、目標クリア!

*1:世の社会人の皆様すみません

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...